忍者ブログ

生きてりゃそりゃえらいこっちゃよね、的な戯言劇場

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SOUは自分の想いを伝えるのが苦手だった。
だからこそ音楽を創って歌っているんだよ!とも思うけどもね。


SOUはずっと、

自分の考えてることや行動することは
自分がわざわざ理由や想いを伝えなくとも
きっと大切な人達なら理解してくれている。
関係のない人にはどんなに誤解されようがいいけれど、
わたしには大切な人達がいて、わたしのことを分かっていてくれるから大丈夫。

って思っていた。

信頼する関係の中では
あえての言葉なんてなくとも通じ合えるもんだ、とすら思っていたのだ。

だけど、それは全く違っていた。

ある時まざまざとその勘違いを突付けられる出来事が起ったのだった。

そこで初めて気がついたのだ。
それは単に勝手なわたしの驕りで、甘えでしかなかった、と。

いつだってずっと一緒にいて、近くにいて、とても大切に思っている人達でさえも、
わたしのとる行動の意味をわたしの想いとは全く違うように捉えていて、
感じていたという事実を思い知ったのだ。
それはSOUにとって、とてもとてもショッキングな出来事であった。

けれどそれと同時に、
今まで自分の想いを伝えようともしていなかった
自分自身にも気がついたのだった。

自分の想いと相手の受け方のズレを埋める為には…
どうにかして本当の自分の想いを伝えなくちゃならない!
じゃないとわたしはずっと大切な人達からも
誤解されたまんまのわたしになってしまう!って…
そう思ったらすごく恐くなったのだ。

初めの頃は無鉄砲な言葉を並べて話を聞いてもらったもんだった。
なんせ自分のことを話すことに全く慣れていないのだ。
自分がどういうことを考えてどういう想いでいたから
そういう行動をとったのかっていうことすらも
自分でも良く解らなかった。
まず自分が自分のことを良く知らなかったのだ。
そりゃ他人に巧く伝えられるはずもない。

2年かな?…いや3年は掛かったのかな?
少しずつ、本当に少しずつではあったし、
ものすごく辛かった日々ではあったけれど、
ようやく自分の気持ちを自分で理解して
それを伝えられるようになったんじゃないかって気がしている。

どんなに近い存在の人にだって
自分の想いは自分で伝えないと、自分を正しく相手に理解してもらえない。
自分が伝えてもいないのに誤解されていたからって
相手を責めることなんて到底出来ないもんね。

今でも決して巧く話せる方ではないSOUだから
ちゃんと伝えられているかどうかはぶっちゃけ良く解らないんだけれど…

だけど!
言葉で伝えることの大切さを教えてくれた、
そのキッカケをくれた出来事と人達に、今では心から深く深く感謝している。

本当にありがとう!!
ありがとうありがとうありがとう!!!

あたい、頑張るよ!!!


SOU・むかしばなしでしたとさ♪

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 無題


×ぶっきゃけ
○ぶっちゃけ

いい話。

昔、俺のじぃちゃんが言ってた。
『物を創る人は、感情をちゃんと表現しなきゃダメだ。』




と俺の友人が言ってたw

近所のROCKER 2009/09/29(Tuesday)00:24:54 Edit
◎ >近所のROCKERさま

そだよね、そだよね。
自分の感情をちゃんと知ってなきゃ表現出来んからね。
ぶっきゃけね。

【2009/09/2918:44】
◎ Profile
SOU

 Birthday  7.27
 BloodType O
 Height  163cm
 Characteristic
  弥生顔・ロングヘア
 Like it
  ムラサキ
  スワロフスキー
  チョコレート
  玉遊戯
◎ Links
↓試聴はコチラね↓
◎ Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
◎ New Comment
[01/16 切裂ACO]
[08/01 りょ]
[07/22 切裂ACO]
[02/15 ふみ]
[02/13 ふみ]
[01/12 伊織]
[12/24 ふみ]
[12/21 ふみ]
[12/13 NAOKIN]
[11/29 りょん]
◎ Counter
◎ ブログ内検索
◎ Archives
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]